【FF14】(ヒーラ向け)DPS値が記録されてしまうサイトで、他人にDPS値を検索されないようにする方法。

この記事について

 この記事は、「【FF14】(ヒーラ向け)DPS値が記録されてしまうサイトで、他人にDPS値を検索されないようにする方法。」ですわよ。

 アップデートで零式に超える力が付いたので、また荒れそうですわね。

 今回は、普段SSが撮影される時しか出番がない、わたしこと撮影用ちゃんがお送りしますわよ。

 自己紹介的には、イン率が激減している上に、ログインしても大体チャットをしているだけなので、毎週黙示が貯まらなくて、日曜辺りに困っている感じのゆるい系白ちゃんですわね。

 

 

 ちなみに、今回は、ちょっと灰色のネタなので、偶然この記事を見つけた人だけが、こっそり読んで欲しい感じなのですわよ。

 撮影用ちゃんから、あなたへのTellみたいなノリですわね。

 内緒ですわよ、内緒ですわよ。

 

 注意点ですけれど、この記事は、最近野良パーティでのヒーラの色塗りが社会問題化して、確かに弊害が発生してしまっているため、どうにかならないかなという観点のためヒーラ向けですわね。

 また、ツール類の使用を推奨するものではなく、基本的には、かなり詳しい方に、直接聞いた内容について、裏を取ってから構成していますわよ。

 

DPS値が記録されてしまうサイトとは

概要

 他人のキャラクター名で検索して、他人のキャラのプレイで計測されたDPS値のデータを、確認することが出来るサイトの事ですわね。

 このサイトは、サイトの統計内での大まかな順位も簡単に把握することが出来るものですわよ。

 具体的には、下記サイトになりますわね。

 

Logs

https://ja.fflogs.com

 

 言い換えれば、ネットで検索されれば、他人に自分の年収が確認されるようなサイトのことですわね。

 具体的には、例えば野良パーティに入った瞬間、他人から自分のDPS値を検索されるみたいな使い方をされますわよ。

 

 結果は、コンテンツごとに管理されていまして、絶、零式はもちろん、困ったことに、普通の人の関係してくる極、24人レイド、エキルレも含まれますわね。

 

Actとの違い

 一方でいわゆるDPS測定ツールであるActとの違いは、Act側が、実際のプレイ中における、使用者及び、パーティメンバーのDPS値を、使用者の画面に表示するだけという点ですわね。

 使用者にしか分からないため、DPS値については、他の人に拡散しないものですわよ。

 まあ、このサイトでは、Act自体の紹介が目的ではないため、詳細は省略しますわね。

 

 logsActとの関係は、Actのデータが、使用者の手で任意にlogsにアップされることにより、Actを使用していないパーティメンバーのデータもlogsに登録されてしまう仕組みですわね。

 つまり、逆に言えば、今までパーティを組んだ人の中に、ACTの使用者かつlogsに任意にアップした人が一人も居ない場合は、logs上からのキャラクター名での検索はヒットしませんよ。

 

 注意点としては、アップした人も、なにも必ずしもパーティメンバーのDPS値をアップしたいと思っているわけではない点ですわね。

 logsは、使用者のDPS値をアップすると、パーティメンバーのDPS値も巻き沿いでアップロードされてしまうという仕組みになっていますわよ。

 

いわゆる色とは

 良く色塗りとか言われたりしますが、そもそものいわゆる色とは何なのか、についても補足しますわね。

 logsでは、いわゆる逆パーセンテージ、DPS順位の下位から見た時の全体に対する割合で、各人のDPS値を表示し、色分けをしていますわよ。

 

 具体的には、下位から1~24%に含まれる場合は灰色、以下、25~49%の場合は緑、50~74%の場合は青、75~94%は紫ですわね。

 通常は大体この辺までで問題ないのですが、一応95~98%の場合はオレンジ、99%の場合はピンク、100%の場合は黄色ですわよ。

 

 具体的には、統計内でのDPS順位がビリの人は灰色に含まれ、統計内でのDPS順位がトップの人は黄色に含まれますわね。

 お話をお伺いした詳しい方のお話だと、まあ青以上であれば、見た人の印象的には、大体平気とのことですわよ。

 

個人ページとは

概要

 個人ページの概要的は、個人名で検索すると表示されるページの事ですわね。

 いわゆる、零式以上のエンド固定に入るための履歴書と言われており、エンド固定への参加希望を出すと、この個人ページでデータを確認されたりするそうですわよ。

 数値が悪いと、参加希望を出しても、断られてしまうこともありますわね。

 

  個人ページには、コンテンツごとで最も成績の良かったものが『Best%』として表示されていますわね。

 logsの個人データで、とりあえず見られるのが、ここですわよ。

 

 

 とりあえず、他の方のページを晒すのは忍びないので、参考用としては、わたしこと撮影用ちゃんのキャラネームで検索して、表示された画面を持ってきますわね。

 わたしは、FCにもLSにも入っているのに、プレイのほぼ全てが野良とか言う一人ぼっちの寂しい生活を送っているため、かなりいろんな人からデータをアップロードされてしまっているようですわよ。

 

 個人ページの一番上の段では、コンテンツの対応する拡張パッケージと、コンテンツとを切り替えることが出来ますわね。

 今回は、漆黒のヴィランズの希望の園エデン:再生編を選択していますわよ。

 

個人ページの見方

 個人ページの見方ですが、一番良く見られるのは、中央に一番大きく表示されている『Best Perf Avg』ですわよ。

 この値は、例えば零式であれば、1層から4層までの『Best%』の平均値ですわね。

 具体的に、撮影用ちゃんの場合は、誰かがあげた統計上の範囲では、38の緑判定と言うことになりますわよ。

 

 もっとも、自分でデータをlogsにアップロードしている方は、当然自分の一番調子が良い時のデータをアップロードしていますので、常識的に考えれば、その人たちには勝てるわけがありませんね。

 ちなみに、個人ページのトップでは、例えば、そのコンテンツの複数のトライや、複数ジョブでのデータがある場合には、その中でもっともよい色(成績)のデータが表示されますわね。

 

 その下の零式の層ごとの数値の表を見ていくと、『Best%』と言うものが表示されていますわよ。

 これは、統計上のその層でのベストスコアで、こちらも複数ジョブで踏破している場合は、一番色の良かったジョブの結果になりますわね。

 

 つまり、例えば零式1層の成績が白魔で青色、学者で灰色だった場合には、白魔の成績が表示され、零式2層での成績が白魔で灰色、学者で緑色だった場合は、学者の成績が表示されますわよ。

 この場合の『Best Perf Avg』は、白魔と学者との成績を合わせた結果になりますわね。

 

 ちなみに、この表示は、上の方のジョブアイコンのボタンで、ジョブごとの成績で切り替えることも可能ですわよ。

 なお、スコアとして採用されるデータは、当然ですが、そのコンテンツがクリアできたトライの時のデータになりますわね。

 その他の細かい見方も色々あるのですが、このサイトでは、logsの利用方法を紹介するのが目的ではありませんので、詳細は省略しますわね。

 

問題点について

最悪値のみが記録として残り続ける可能性がある

 一番大きい問題点としては、基本的にlogsのデータをアップロードする人自身のDPS値が良い時にアップするため、死人だらけだったトライや、装備や練度の低い状態の値のみが記録として残り続ける可能性がある点ですわね。

 ヒーラの場合は、安定重視で回復を厚めにすると大体灰色に張り付くためですわよ。

 

 最近話題になっている野良の場合で、なんか回復が足りなくて死にまくるパーティに当たった時は、大体ヒーラがこのlogsもしくはActを気にしているパターンだと思いますわね。

 色を気にする人にとっては、回復を厚めにすると、自分が灰色になってしまいまう点が大問題になりますわよ。

 

 このため。クリアのためのパーティDPSは足りているのに、自分が灰色になるくらいなら、全滅して死んだ方がましみたいな感じにならざる得ないようですわよ。

 このように、ヒーラ自身も色を塗らないといけない都合で、ヒーラが色を塗れつつ、クリアできるレベルのパーティ以外は壊滅し続けることになるような場合があるようですわね。

 

環境による前提条件が違い過ぎる

 固定パーティで、ぬるく毎週想定内のスキル回しを脳死で回せばよい環境と、野良パーティで、N2地雷の混ざる可能性のある毎回殺し合いみたいな状況では、そもそも、環境による前提条件が違いすぎる点も問題だと思いますわね。

 ちなみにヒーラのlogsでの上位の人の装備は、ヒーラなのにマテリアがクリティカルと、ダイレクトヒットで、信仰等を極限まで落とすサブステータスの装備選択で攻撃魔法連打のため、野良で崩れると、当然主にMPの都合で戻せずに、全員死ねみたいな感じになりますわよ。

 

ヒーラ間では回復の押し付け合いになっている

 わたし自身のプレイ上でも、最近は、ヒーラ間では回復の押し付け合いになっている感じがしますわね。

 全体範囲攻撃前とかで、「これは死ぬかも」と思うぎりぎりまでは、放置するヒーラが増えた感じがしますわよ。

 

 ヒーラ以外は、結果クリア出来なければ意味がないですが、ヒーラは、自分の色も塗らないといけないので、自分が灰色になるくらいなら、全員死ねみたいなプレイ感になるためですわね。

 言い換えると、現状では、パーティが安定するように回復を厚くすると、回復したヒーラだけが灰色がついて記録に残ってしまうという状況になっていますわよ。

 

他人にDPS値が検索されないようにする方法

 そんなわけで、他人にDPS値が検索されないようにする方法ですわね。

 この方法を設定するためには、大きくロードストーンを使用する個人認証と、設定画面での設定変更とが必要になりますわよ。

 

個人認証

 個人認証のやり方は、まずlogs側の右上のアイコンを押すと表示される画面で、ギアのようなマークのボタンを押して、『設定画面』に遷移しますわよ。

 

 

 次に、『設定画面』を下の方に見て行って、中ほどにある登録キャラクターの項目を見ますわね。

 すると、『ここをクリック』と言う箇所があるのでクリックしますわよ。

 

 

 すると、『キャラクターの登録』と言う画面に遷移するので、まず上の欄に、自分のロードストーン上で、『マイキャラクター』のボタンを押したときに表示される画面のURLを入力しますわね。

 次に、『マイキャラクター』のページの『自己紹介欄』に、logs側の画面下側に表示されているコードを入力して保存しますわよ。

 

 

 logsは、ロードストーン上のキャラクターが、実際に今logsでログインしている人のキャラであるかを、ロードストーンが実際に更新できるかで判定してるようですわね。

 

 ロードストーンの『マイキャラクター』のページのURLと、『自己紹介欄』の更新が終わったら、logs側で、右下の『登録』ボタンを押しますわよ。

 すると、『設定画面』の『登録キャラクター』の項目に、登録されたキャラクター名が表示されますわね。

 

 

設定画面での設定変更

 次は設定画面での設定変更ですわね。

 こちらは、個人認証と同様にまずlogs側の右上のアイコンを押すと表示される画面で、ギアのようなマークのボタンを押して、『設定画面』に遷移しますわよ。

 

 

 画面を下に流していくと、『登録キャラクター』と言う項目がありますわね。

 この『登録キャラクター』の『ランキング』という項目の青い『表示』と言う文字をクリックして、『非表示』にしますわよ。

 

 

 これで、他の人によるキャラクター名の検索で、個人ページのように自分のDPS値が表示されることはなくなりますわね。

 なぜ自分のキャラクターを、一度logsに登録しないといけないかと言うと、そのキャラのプレイヤーからしか非表示にする申請を受け付けていないみたいな感じなのだと思いますわよ。

 

まとめ

 ヒーラロールの場合は、消化でパーティDPSは余裕で足りている場合であっても、ヒーラも色塗りをしないといけない都合で、壊滅せざる得ないパーティが増えてしまうのは、誰も幸せにならないと思いますわよ。

 なお、野良の零式ヒーラに限定したお話ですので、それ以外は、個人の自由で良いと思いますわね。

 

 以上、撮影用ちゃんがお送りしましたわよ。 

 それでは、ごきげんよう。

The following two tabs change content below.
ねこねこ14です。 猫好きなので、nekoという名前のララフェルでFF14をプレイしています。 ジョブは、一応ヒーラメインですが、キャスターも好きです。 最近のマイブームは、クッキーリーヴ金策。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。