【FF14】「万魔殿パンデモニウム:辺獄編」のIL制限に足りない場合の解決方法めも。

この記事について

 この記事は、「【FF14】「万魔殿パンデモニウム:辺獄編」のIL制限に足りない場合の解決方法めも。」です。

 「わくわくでパンデモニウムの初日初見ツアーを募集してたら、主催者さんのILが足りなくて断念された」みたいな、某切ないツイートを見かけてしまいました。

 ちょっと悲しすぎたので、とりあえず今日の夜の知り合いとの待ち合わせ時間までに、何が何でもパンデモニウムの要求ILを達成する必要が出てしまった人向けで、解決方法のモデルプランをいくつか攻略的にめもしてみようと思います。

解決方法

 解決方法は、とにかく手っ取り早く最短でILを上げるしかありません。

 とりあえず、作戦を検討するために、以下のような表を作ってみました。

 

 平均が黄色の組み合わせは、パンデモニウムの要求ILをギリギリ満たさない組み合わせです。

 平均が緑と青とは、パンデモニウムの要求ILをギリギリ満たす組み合わせですね。

 以下、それぞれの組み合わせごとに解説を付け加えていこうと思います。

パターン①、②

 パターン①、②は、よくありがちなギリギリ足りない場合です。

 多分この辺りから始まる方が多そうなので、例として挙げました。

 IL重視で、経典アクセサリーを全交換していても、今回の要求ILは、ギリギリ足りない感じになっています。

 詳細の具体的な装備は、下記記事をご参照ください。

 

 この記事は、「【FF14】パッチ6.0のクリア前後の装備更新ルートについて」です。  特にクリア前について、個人的にやらかしてしまったので、簡単なルートについて攻略的にメモしておこうと思います。

 

 表中の赤字がIL560のAFや、ID装備、緑色がIL570の経典装備、青色が極装備になっています。

 ここでは、うちのようなライトちゃん向けに、手段を問わす、最短でパンデモニウムに突入することだけを目的にしていますので、一番揃えやすいパターンで検証します。

 

パターン③

 パターン③は、とにかく経典装備を、最小の経典トークン数で揃えた場合の検証です。

 要求IL565ということは、要は、基本IL560の装備で揃えて、IL570の装備の部位の数の方が多くなった時に、IL565を超えるということになります。

 つまり、パターン③のように、経典装備を6部位交換すれば、条件を満たすことになります。

 お勧めは、経典の要求数が少ない右側で4部位、頭、手、足の中から2部位の合計6部位で、これでIL565の条件を満たすことができます。

 要求される経典トークンは、頭、足、手が各245、アクセサリーが各180です。

 合計は、左部位が2つで450アクセサリー部位が4つで720であるため、1170です。

 一晩で貯めるには、結構辛い感じですね。

〇検証(俺ツールさん):

https://bit.ly/3moSboK

 

パターン④

 パターンは、とにかく最短で揃えたい場合のお勧めパターンです。

 とにかく極ゾディアークへ行って、アクセサリーを3種類拾ってくれば、その時点で残りが全部AFだろうと、問答無用で条件を満たします。

〇検証(俺ツールさん):

https://bit.ly/32owJsx

 極ゾディアークは、誰かひとりギミックが完璧な人がいれば、残りはそれについていくだけでもどうにかなってしまいます。

 このため、身内で一番最強の人にお願いして、その人の後を延々ピクミンするだけでも、普段の経験次第では割とどうにかなってしまいます。

 詳細は、下記記事をご参照ください。

この記事は、「【FF14】ライトちゃんでもクリアしたい学者めも・極ゾディアーク討滅戦」です。  とりあえずクリアしてきましたので、私も含めたライトちゃん向けで、ゆるくクリアできるように、学者、ヒーラ向けの攻略めもを残しておこうと思います。

 

まとめ

 パンデモニウムの要求ILは、事前予想より10くらい高かった気がしますね。

 野良パーティとかを見ていても、現状では結構辛いILなので、しばらくは、深刻なタンク不足とかに悩まされそうです。

 なお、今回の作戦は、あくまで緊急用の解決方法であるため、なるべくであれば、もちろん、左部位から交換していって余裕のあるILで突入できた方が良いと思います。

The following two tabs change content below.
ねこねこ14です。 猫好きなので、nekoという名前のララフェルでFF14をプレイしています。 ジョブは、一応ヒーラメインですが、キャスターも好きです。 最近のマイブームは、クッキーリーヴ金策。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。