【FF14】イシュガルドハウジングエリアの抽選バグについてまとめてみました。

この記事について

 この記事は『【FF14】イシュガルドハウジングエリアの抽選バグについてまとめてみました。』です。

 実は、イシュガルドのハウジングエリアの抽選に応募してたので、当事者的に抽選バグについてまとめてみました。

 なお、ついでに、引越日記です。

イシュガルドハウジングエリアについて

 イシュガルドのハウジングエリアとは、パッチ6.1で実装されたイシュガルドのハウジングエリアですね。

 エリア自体は、蒼天街と同じ間取りになり、この辺のテクニックでコストを回収している感があります。

 蒼天時代は、かなりイシュガルドに住みたいみたいな人も居たようなのですが、紅蓮時代にクガネのハウジングエリアとしてシロガネが実装され、漆黒や暁月の冒険もあったりしたので、実際に実装される時期になってみれば、実は微妙かもみたいな競争率だったようですが。

 特筆すべき点としては、ハウジングの購入権が全て抽選だったということでしょうか。

 今までのハウジングは、実装されると鯖オープンと同時に取り合いで、早いものがちとかいう訳の分からないシステムだったのですが。

 この部分が、抽選への応募で数日、確定から購入まで数日みたいな感じのシステムになりました。

 とりあえず、今回は、この部分はメインではないので、バッサリ省略します。

 ちょっと時間に余裕があったので、実は私もこっそり抽選に参加していました。

 私は、その区画に2番目に申し込んだので、抽選番号は2番です。

 お金は、たまたま幻コンテンツの景品マウントを売っぱらったお金があったので、どうにか足りた感じですが。

 ちなみに、場所は、拡張街の端っこの方のSサイズなので、ライバルは1人とかです。

 

抽選当日

 実際の当選発表のタイミングは、4/170:00でした。

 実は忘れていたんですけど、LSの人が話していたので思い出して、自分も当選結果を確認しに行くことにしました。

 結果としては、なんか当選していたのですが。

 当たってるとは思わなかったので、呆然としてると、どうもライバルだった方が現れて、ボードからお金を回収して行くところで、目があったりしてちょっと気まずい空気になったりもしました。

 問題はこの後です。

 CWLSとかの方で、なんか自分の申し込んだ所が、誰も当選していないみたいな話が流れ始めます。

 超雑に言うと、ハウジングエリアの抽選は、申込み順に1番から順に番号が振られて抽選が行われます。

 当日確認しに行くと、当選番号も2番で当選していました。

 問題が出ている区画では、どうも当選番号が0番になっているようなんですね。

 先程書いたように、ハウジングの抽選番号は、1番からです。

 つまり、当選番号が0番になっている区画は、理論的に絶対に当選者が出ないことは、まあなんとなく分かります。

 

抽選バグの概要について

 抽選バグについての概要については、多分下記のフォーラム記事辺りが最初だと思います。

 抽選直後のCWLSとかでざわざわした頃に、上がっていたやつですね。

 この頃は、そこまで大騒ぎになるとは思えない感じでした。

 重要なのは、レスで付いているもので、応募者が1人でも外れていたという辺りでしょうか。

 どういうことかというと、この情報だけ見ると、例えば、応募者が一人の場合でも、0番を含めた抽選をしている可能性もあるんじゃないかみたいな話も広がり、抽選で当たった人もざわざわし始めます。

 この節が本当だったりすれば、全抽選やり直しみたいな可能性もあるかもみたいな噂が流れたりしてました。

運営の対応

 運営の対応で一番遡れる記事としては、下記になります。

 

 内容としては、当選者として0番が出るという事態を確認しています、くらいでした。

 何となくこの時点では、運営側もそれほど大事になるとは、思えなかったんじゃないかと思います。

 

 しかし、次辺りの記事から空気が変わってきます。

 いきなりヨシダの署名の記事で、重大な問題であると認識しており、現在最優先での調査を行っておりますみたいな大騒ぎになりました。

 ちなみにこの時点で、抽選の発表期間が延期になり、事態解決まで全エリアのハウジング関係が凍結になりました。

 どういうことかというと、パッチ6.1から全てのハウジングエリアのハウジングが抽選販売になったので、全てのハウジングの購入ができなくなったということになります。(アパルトメント除く)

 さらなる続報では、とりあえずヨシダが抽選の失敗パターンの洗い出しから始めたことが分かります。

 ほぼ運営にも、どうしてこうなったのか良く分からないみたいな感触ですね。

 ちなみに私は、この辺でこの後どうなるのか分からなそうだったので、とりあえずお引越しをしてみました。

 まあ、巻き戻しになったら嫌だなぁとかも思ったのですが。

 どうも、当選した人は、みんなガンガン引っ越しているみたいで、その引越し元に別の人が入ったりしたら、もうメチャクチャになりそうなんですよね。

 その時は、ちょっと巻き戻しはなさそうかなーと思って、引っ越してみました。

 

 さらなる続報では、ようやく状況が明らかになった感じの説明が出てきます。

 どうも、ヨシダの説明では、抽選自体は、正常に行われていたものの、データベースの結果が、正常に反映されていないというのが実際の状況のようでした。

 つまり、当選している人は、正常に当選しているということです、ということみたいです。

 まあ、これが事実かどうかは不明ですが、これで一気に当選してる人はとりあえず買っておこうみたいな空気になりました。

 ちなみに、ハウジングの引っ越しですが、新しい家の購入時に、お金がいくらか戻ってきます。

 私の場合は、SからSに引っ越したのですが、50万ギルくらい戻ってきたので、実質250万ギルくらいのお家になりました。

 引っ越し自体は簡単で、ハウジングの購入時に引っ越しの方を押すと、どーんと元のハウジングが新しいハウジングエリアに飛んでくる感じになります。

 ただ、家具とかは、一旦全て倉庫にしまわれて、まっさらになっているので、置き直す必要があります。

 この操作が非常に分かりづらかったので、一応ついでにめもを付けておきます。

 ハウジングのメニューを開くと、家具の設置メニューがあると思うのですが。

 引っ越しに際して、倉庫に移動された家具は、設置済み家具リストのウインドウの中で2段めの右側のタブを選択すると表示されます。

 ここで表示されているアイテムを選ぶと、ハウジングに設置される感じですね。

 

 そして続く続報では、とりあえず、パッチ6.11ではそのまま予定通りの要素が実装され、ハウジング関係についてはそのまま凍結されることが発表されます。

 具体的には、ハウジングについては、購入済みのものは除いて、全て一旦購入不能になるという感じの内容でした。

 これには、次回の抽選の凍結も含まれていたので、要は、しばらくハウジングはどこも一切購入不能になるという状態が続くという結構大きい対応ということになります。

 イシュガルドのハウジングは、もちろん、イシュガルドへの引っ越しで空きが出ている既存エリアも入居できないということですからね。

 ちなみに、この時までにイシュガルドのハウジングに当選はしていたものの、購入していなかった人は、パッチ6.1で一旦購入不能になったようです。

 買っておいてよかったです・・・。

 ちなみに、エレDCFCさんでは、毎週定例ミーティングをしているのですが、その場所は、立候補形式で自分のハウジングに呼んだりもできます。

 そんな訳で、私も庭具だけマッハで並べて、せっかくなので引っ越し直後のドヤ顔をしておきました。

 このFCさんは、ハウンジグガチ勢の方が多いので、普通に配置した室内を見せるのはちょっと恥ずかしいですしね。

現状

 

 そして、現状である書いている時点で出ている最新のお知らせは、こちらですね。

 2022年の5月16日のメンテナンスで状況が解消予定とのことです。

 具体的には、おそらく当選者の出なかった所に、実際の当選者が確定して、全部埋まる感じになるんじゃないかと思います。

 ただ外れてしまった表示が出た場合は、ハウジング料金の払い戻しができてしまうんですよね。

 おそらく返金を受けた人も多いと思いますので、この人が当選していたりした場合はどうなるんですかね。

まとめ

 そんな訳で、14ちゃん史上では、コンテンツがつまらないみたい系を除けば、おそらく6.0実装直後のログイン困難が続いたやつぶりの大事件の気がします。

 なんかFF16の開発が始まってから結構グダグダしている気がするので、あっちも早く発売して欲しいですね。

 いや、出たら16も遊ぶと思うので、あっちもしっかり作って欲しいのですが・・・。

The following two tabs change content below.
ねこねこ14です。 猫好きなので、nekoという名前のララフェルでFF14をプレイしています。 ジョブは、一応ヒーラメインですが、キャスターも好きです。 最近のマイブームは、クッキーリーヴ金策。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。