【FF14】パッチ6.35実装の友好部族クエスト・レポリット族の解放クエストは、30分くらいで終わる連続クエストでした。

この記事について

 この記事は、『【FF14】パッチ6.35実装の友好部族クエスト・レポリット族の解放クエストは、30分くらいで終わる連続クエストでした。』です。

 さすがにそろそろやらないと不味いと思って始めたら、あっという間に終わりました。

 普通に読みながら進めても30分くらいだと思います。

 

友好部族クエスト・レポリット族とは

 友好部族クエスト・レポリット族とは、パッチ6.35で実装される友好部族クエストってか、蛮族デイリーですね。

 いつも通りだと、アイテム交換用のトークンと、クラフター系の経験値がもらえるデイリークエストだと思います。

 クラフターのレベル80から90まで上げるのとかに、便利な感じになるのではないでしょうか。

 おそらく、最終的な報酬は、PLLでチラ見せされていたピンクのケバい象のマウントだと思います。

 

解放クエストについて

 解放クエストについてですが、いつも通りの連続クエストで、場所は月です。

 一覧としては下記ですね。

 1個目は、ベストウェイ・バローの『ぼくの名前と、ぼくの悩み』ですね。

 こちらは風脈クエストに当たっているので、月で飛べている場合はクリア済みです。

 2個目は、おそらく大体の方がまず最初にやることになる、『ぼくの仕事と、ぼくの生活』ですね。

 なんか、2個目からいきなりクエスト名が深刻になってきますが。

 ちょっとこのクエストは、クエストで調べに行く場所がちょっと難しかったので、画像もつけておきますね。

 一応、メインクエストでも来るのですが、釣りを上げてる人は、良く分かる場所だと思います。

 レポリットを探しに行くのですが、地表ではなく、ゾディアーク側の裂け目からは入れる場所にいます。

 3つ目は、『ぼくの作業と、ぼくの危機』です。

 なんか途中に戦闘が挟まるクエストです。

 最後は、『ぼくの名前と、ぼくの夢』ですね。

 全体的なお話としては、レポリットの普段の生活みたいなのが垣間見えたり、体験できたりするのですが。

 おそらく、最後のクエストの一番ラストを、一番最初に思い付いたのでは、みたいな感想のクエストでした。 

まとめ

 友好部族クエストは、デイリークエストの都合で、実装初日の0時までに、1回目をやらないと1日分進行が遅れてしまいます。

 このため、可能であれば事前に終わらせておくとよいかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
ねこねこ14です。 猫好きなので、nekoという名前のララフェルでFF14をプレイしています。 ジョブは、一応ヒーラメインですが、キャスターも好きです。 最近のマイブームは、クッキーリーヴ金策。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。